日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


けん制のベースの入り方/守備編

 けん制球にいかに反応するか、は大事だ。その前に、投手とのコミュニケーションがある。けん制のサインがある場合、投手が二塁手、遊撃手を見る。だが、相手もそのサインを分析してくる。投手が見ていない状況で「本当のサイン」を出すことも、相手をほんろうする手段だ。また二塁、または遊撃がベースに入る場合、ポジションから動きだすタイミングがタッチするタイミングであれば、走者を刺しやすい。



仁志学校の3科目

仁志学校トップへ

「攻」

気持ちよく打つだけならバッティングセンターに行けばいい。打撃は勝つための手段なんだ。