日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


グラブトス その1/守備編

 グラブトスは無理にやることではない。ただ瞬時に必要と感じた場合は、グラブの深い位置ではなく、指の根もとあたりにボールを収めることが必要だ。あまり深いと、ボールがうまく離れてくれない。



仁志学校の3科目

仁志学校トップへ

「攻」

気持ちよく打つだけならバッティングセンターに行けばいい。打撃は勝つための手段なんだ。